BLUNDSTONE®  TASMANIA AUSTRALIA 1970BLUNDSTONE®  TASMANIA AUSTRALIA 1970

BLUNNIES LOOKBOOK

中島 貴大さん(スタイリスト)
ブーツ品番:#1911 http://blundstone.jp/lineup/bs1911-2/

ジャケット:nanamica(ナナミカ)
Tシャツ:American Apparel(アメリカンアパレル)
パンツ:Mountain Research(マウンテンリサーチ)
スカーフ:Musee du Louvre(ルーブル美術館)
時計:PRO-LEX(プロレックス)

ブラウンスエードのブランドストーンを少しキレイ目に履きたくて、茶系ベースのラペルドジャケット&チノパンスタイルに合わせてみました。ただ、普通のジャケパンだと面白くないので、ハイテク素材のジャケットに5種類の生地を使ったパッチワークパンツをチョイスして、ブランドストーンとの親和性を意識しました。
また、茶系と相性の良いパープルのTシャツにカラフルなスカーフをアクセントとしてプラスし、春らしさを表現しました。

25年ほど前になりますがセレクトショップのビームスに勤めていた時にブランドストーンを扱っており、当時はよく履いていました。ここ数年、昔を知らない人たちの間で盛り上がっているようですが自分的には「懐かしい!」といった感じです。今回、久しぶりに足を入れてみましたが、やはり履き心地は良いですね。しかも最近、ファッションの人間としてはダメなんでしょうけど、紐靴がどうも億劫でスニーカーにしろ、革靴にしろ、このテのスリップオンタイプには特に目がなくて(笑)。

ルックス的にもワークブーツながら武骨すぎずスタイリッシュな感じで、カジュアルはもちろん今日みたいなキレイ目にも合いますし、一足は持っていて損はないかと。あと、個人的にお気に入りのポイントはソールが黒系であることです。自分はスニーカーでもブーツでも基本的に白系ソールは履かないので、黒系ソールしか展開していないブランドストーンは本当に大好物なのです。プライスも良心的ですし、素材違い・色違いで何足も欲しくなっちゃいますね!

一覧へ戻る